有名作家の文芸コンテンツが読み放題「Web新小説」
登録初月は無料!

猫の俳句のコンテスト
──大丈夫、猫がいる

「猫」を詠み込んだ俳句を募集いたします。
可愛い、癒される、不思議……あなたが感じる猫の魅力を自由に表現してください。

撮影・増田伸也

猫と俳句。

大賞選考委員 神野紗希
プロフィールはこちら

『Web新小説』連載中!
神野さんのコンテンツはこちら



 猫と俳句。
 この組み合わせにわくわくするのは、どちらも自由な存在だから。

 俳句という詩は、五七五の定型のリズムにのせ、季語のイメージ喚起力を生かして、たくさんの自由な言葉を生み出してきました。

 たとえば「猫の恋」という季語があります。春になると猫たちは恋の季節を迎える、そのにぎやかなエネルギーが「猫の恋」として春の歳時記に立項(りっこう)されています。これは和歌の時代にはなかった季語です。

 猫はあまりに日常的な動物なので詩にはならないと考えられてきましたが、俳人たちは、猫もまたこの世界を構成する愛おしい命として、俳句に採用しました。人間の恋があるのだから、猫の恋だっていいじゃない。前例にとらわれない自由さが、俳句の躍動を生み出します。猫を通して人間を相対化できることも、狙いのひとつだったかもしれません。

 ですから、俳句は猫を見つけた詩であり、猫はその十七音の中でのびのびと生きてきました。猫と俳句は、切っても切れない関係なのです。

では、猫の俳句を詠むために、どんなアプローチができるでしょうか。

  あくびする子猫さかだちする子猫  紗希

 スタンダードなのは、「猫の恋」や「子猫」など、猫の姿をとらえた季語を使って詠むことです。恋する猫の激しさや、生まれたばかりの子猫の愛らしさを、具体的な描写で伝えられるといいですね。

 あるいは、他の季語と組み合わせて、より自由に猫の姿を描くこともできます。

  猫の眼に夜空まぶしき落葉かな  紗希

 猫×風船(春)、猫×?(夏)、猫×コスモス(秋)、猫×落葉(冬)……。場面をイメージすると、猫がいきいきと動き出します。

「猫」という言葉が入っていなくても、それと分かる俳句ならOKです。

  枕ふみふみ肉球へ風光る  紗希

「肉球」で「ふみふみ」している動作で、猫だと分かるでしょうか。枕とたわむれる一途さを、春の季語「風光る」で肯定的に抱きとめてみました。

 その他、猫を題材に詠んでいれば、季節も自由、発想も自由です。
 自由な猫を、自由な俳句で。
 ぜひ、あなたの猫俳句、お寄せください。

賞・賞品

大賞(1名様)

正賞/猫のオリジナル箸置き5個セット(提供「書肆 吾輩堂」)、猫のスリッパ(提供「アクセルジャパン」)
副賞/三万円

佳作(2名様)

正賞/猫の手ぬぐい2枚セット(提供「書肆 吾輩堂」)、ハリネズミテーブルブラシ(提供「アクセルジャパン」)
副賞/一万円

猫写真賞(1名様)

副賞/一万円

猫写真賞(1名様)

副賞/一万円

大賞正賞ご紹介

「書肆 吾輩堂」オリジナルの猫の箸置き5個セット(写真の上半分)。白磁彫刻作家・森永英一郎さんとのコラボレーションで生まれました。生地作りから焼成まで波佐見焼の職人さんたちと制作。(撮影・増田伸也)

なんて可愛らしいスリッパなのでしょう。履くのがもったいない?
「アクセルジャパン」よりエベレストファッション キャットスリッパ
毛100% 原産国ネパール

なんて可愛らしいスリッパなのでしょう。履くのがもったいない?
「アクセルジャパン」よりエベレストファッション キャットスリッパ
毛100% 原産国ネパール

佳作正賞ご紹介

「書肆 吾輩堂」オリジナル手ぬぐい。紫地か黄色地どちらかお好きな色をお選びいただいて2枚。手捺染の技法で一枚一枚丁寧染められています。

どことなくユーモアを感じさせてくれます。「アクセルジャパン」よりレデッカー ハリネズミのテーブルブラシ。
ブナ材(オイル仕上げ)、馬毛/原産国ドイツ

どことなくユーモアを感じさせてくれます。「アクセルジャパン」よりレデッカー ハリネズミのテーブルブラシ。
ブナ材(オイル仕上げ)、馬毛/原産国ドイツ

───応募される方へのご案内───

猫俳句に『Web新小説』編集長が挑戦します。
応募された方は、神野さんの添削でメキメキ成長する(すればよいが)姿をお読みいただけます。
名付けて『神野紗希猫俳句塾』。
猫俳句塾の添削指導を横(猫)目に見ながら腕を磨きましょう。
メール配信させていただきます。

応募詳細

応募方法
猫の俳句と猫の写真を下記応募フォーム、または、公式Twitter(@shinshosetsu)よりご応募ください。

・俳句のみで猫の写真はなしでもご応募いただけますが、写真のみの受け付けはしておりません。
・大賞、佳作の選考は俳句にて行います。
・お1人様1回の応募につき3句と写真3枚までご応募いただけます。
・作品は、俳句、写真ともに未発表のもので、著作権を本人が有しているものに限ります。
・Twitter応募の場合、「#大丈夫猫がいる俳句」をつけて投稿するか、Web新小説Twitterアカウント(@shinshosetsu)へDMにてご応募ください。

「猫写真賞」について
・応募写真の中から選考させていただきます。
・写真はデジタルのみ、1枚あたり100MB以下サイズでご応募ください。

選考委員は増田伸也さん。シェフから写真家に転向。その繊細な造形美と自由な発想がロンドン、パリ、アテネ、アメリカ、ドイツ、イタリア、マレーシアなど海外で高い評価を受け、主にアメリカで個展を開くなど活躍中。実家で4匹の猫を飼っており、愛猫家を自負している。
http://www.shinyamasuda.com/

『Web新小説』
増田伸也さんのコンテンツはこちら
プロフィールはこちら

募集期間
2022年3月1日から9月9日(重陽の節句)まで

結果発表
Web新小説 2023年2月1日号にて

撮影・増田伸也

注意事項

・俳号でもご応募いただけます。ただし応募時に本名を記載してください。「大賞」「佳作」に入賞された方の俳号もしくはお名前を発表させていただきます。
・郵送でのご応募は受け付けておりません。専用応募フォームかTwitterアカウントよりご応募ください。
・Twitterで応募いただいた句が受賞の場合、Web新小説編集部よりご連絡いたしますので、DM開放、あるいはWeb新小説アカウント(@shinshosetsu)のフォローをお願いいたします。
・作品の選考に関するお問い合わせには一切お答えできません。
・二重投稿や著しい類想類句、類似作品が判明した場合、また受賞の連絡が取れない場合、他者の知的財産権を侵害していると公に認められた場合、受賞を取り消す場合があります。応募者、受賞者あるいはその他の第三者の間で生じた紛争については、主催者ならびに選考委員はその一切の責任を負いません。
・写真は、写体の肖像権、著作権を事前に使用許諾・承認を得た上でご応募ください。
・入賞作品の著作権は、Web新小説への掲載ならびに電子出版などの二次利用を含め、株式会社春陽堂書店に帰属するものとします。
・本コンテストはTwitterの後援、支持、運営ではなく、Twitterは関与しておりません。「Twitter」は、Twitter,Inc.の商標または登録商標です。
・応募作を今後Web新小説ならびにWeb新小説公式SNS等に無償で使用させていただくことがございますので、あらかじめご承諾ください。掲載時には事前にご連絡いたします。
・未成年者は保護者の許可を得てご応募ください。
・個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。
(URL: https://www.shunyodo.co.jp/html/privercy.html


お問い合わせ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a2745329721220
こちらのお問い合わせフォームから「6.その他のお問い合わせ」を選択いただき、内容を記入のうえ送信してください。

正賞提供企業
アクセルジャパン http://axeljpn.com/
書肆 吾輩堂 https://wagahaido.com/

主催
株式会社春陽堂書店 03-6264-0855